top of page

Last Shadow At First Light - サンセバスチャン国際映画祭 New Directors Competition 部門



昨年の春の終わり、 東京、千葉、陸前高田、気仙沼、南相馬にて撮影し、今年の春にカンボジア日本間のリモートアフレコ!を試みた Nicole Midori Woodford 監督の『Last Shadow at First Light』がサンセバスチャン国際映画祭 New Directors Competition 部門にノミネートされました。ニコル、ジェレミー、みはやさん、永瀬さんをはじめすべての関係者のみなさんもおめでとうございます!


映画祭がすべてではありませんがとても嬉しい!

撮影ではナヨナヨと制作担当をつとめましたが、ほんとうに探すのが難しいロケーションの連続と、取り扱いの難しい題材で時間もなく、毎日追い詰められていました…地元の方なども含めほんとうにたくさんの方に支えて頂いて出来上がった作品です。クルーのみなさんも出演者もみんなとても心が良い人達ばかりであのメンバーでなければ途中で心が折れていたと思います。完走できたのはみなさんとの出会いのおかげです。アフレコも、レスパスビジョンのアリスさんチームと、念願の映画の仕事が出来て嬉しかった!

ほんとうにありがとうございました。


また、弊社Prism Pictures としても、相方 Liao Jiekai とふたりで一緒に受けられた仕事だったので、我々にとってとても良い経験になりました。

わたしにとっては、国際共同制作の長編映画にはじめて関わった作品でもあります。 色々な意味で自分の中で存在の大きな作品です。


ロケ地としてお家の一部を貸してくださりお世話になった漁師さん家族にはもちろん、いつも自分の仕事の告知を家族にあまりしないのですが、今回は自分の母や家族にも報告したいなあと思います!


古市あきほ

閲覧数:81回

最新記事

すべて表示
bottom of page